SSブログ

二条城の見学と嵯峨野のトロッコ列車 [ 旅行 関西以西]

  
 東海道五十三次歩きも今回が最後と思い、東海道を歩く他に、思い切って京都に数日滞在し「京都御所」や「二条城」等を見学させて頂きました。

 二条城は京都滞在3日目でなんと大雨! 雨降る中傘をさして10時頃ホテルを出て、地下鉄烏丸線で烏丸御池駅に行き、地下鉄東西線に乗り換え二条城前駅で降り、堀川沿いに少し歩き「二条城の東大手門」の前に到着。 券売所で入場券を購入し東大手門から入場しました。

 東大手門から入って右手が番所、左手に総合案内所があり、私はこの案内所で日本語のガイドツアーを申し込みました。 英語のツアーもある様です。
入場料は二の丸御殿の見学も含め1300円、更に日本語ガイドツアー料1500円の追加でした。
 二条城のホームページは右記です。  https://nijo-jocastle.city.kyoto.lg.jp/
 下記ページは割合分かりやすく二条城を説明しています。
   https://www.travel.co.jp/guide/article/22984/

二条城前駅を降りた所で、二条城の「東南隅櫓」が見えます。
blogDSCN8941.jpg


「東大手門」、二条城の正門にあたります。
bloggDSCN8942.jpg


 下写真は東大手門を内側から見た所で、現存の門は寛文2年(1662年)頃の建築と考えられています。 築城当時は現在の様に櫓門(2階建て)でしたが、天皇の二条城行幸時(寛永)には天皇を2階から見下ろさない様にとの配慮から一重の門に建て替えられたとの事です。

 左の建物は寛文3年(1663年)に建てられた「番所」で、普段は幕府から派遣された「二条在番」と呼ばれる武士達が宿直・警護しております。 この番所はその詰め所の1つで、現存する城郭の番所としては全国的にも少なく貴重な建物だそうです。

blogDSCN8946.jpg


 下写真中央は「東南隅櫓」を内側から見た所で、白いテントの左側が総合案内所、ここで日本語ガイドツアーを申し込みました。 ツアーは9時30分,11時30分出発の2回で、私は11時30分を申し込み。 出発10分前位にこの申し込み場所に集合しました。 今回は大雨の為か5人のツアーでした。
blogDSCN8947.jpg


 ガイドさんはこの番所前広場で、雨の中二条城の由来や歴史を説明されていましたが、参加者は雨と寒さの為早く次に進みたい様な雰囲気でした。

 二条城は世界遺産で、1603年(慶長8年)に徳川家康が上洛した際の宿泊所として築城され、徳川家康が征夷大将軍に任命された際の重臣や公家衆等を招いての祝賀の儀を行った事も。
 3代将軍家光の時代、後水尾天皇行幸の為に城内は大規模な改修が行われ、二の丸御殿にも狩野探幽の障壁画などが数多く加えられました。
 又、徳川幕府の大政奉還がここ二条城で表明されました。 江戸時代の始まりから終りにあたっての大事な場所だった訳です。


 下写真が「唐門」で「二の丸御殿」の正門にあたります。
2013年に修復工事が行われたとの事で本当に綺麗な門でした。 写真の白い縦線は雨です!!
この門には菊の御紋が多く使われていますが、家光の時代に天皇が行幸された際の御紋の変更、更には明治中期に二条城が離宮となった際葵の紋から菊の紋に変えられたようで、2013年の修復時菊の紋の下から葵の紋が出て来た所もあったとの事。  

blogDSCN8948.jpg

blogDSCN8952.jpg

 外側から見た唐門の彫り物で、松竹梅に鶴や龍が描かれ素晴らしかったが、冷たい雨の中での説明でうわの空で聞いてしまいました。
blogDSCN8954.jpg


内側から見た「唐門」です。 黄色いジャケットの方がツアーガイドです。
blogDSCN8959.jpg

内側からの唐門の彫り物です。 外側の彫り物とは鶴や蝶等が微妙に異なっています。
blogDSCN8960.jpg



 で、やってきました!!!
 2004年にアメリカから帰って来て、何時かは行ってみたいとズ~~ッと思っていた所です。
 二条城の「二の丸御殿」御殿で、多くの人がおられる所が「車寄」です。
 
 下記二条城のホームページでは下記の様に説明されていました。
   https://nijo-jocastle.city.kyoto.lg.jp/introduction/highlights/overview/
 「東南から北西にかけて、遠侍(とおざむらい)、式台、大広間、蘇鉄の間、黒書院、白書院の6棟が雁行形に立ち並ぶ御殿です。部屋数33室、800畳余りもある内部は、代表的な「松鷹図」をはじめ、将軍の威厳を示す虎や豹、桜や四季折々の花を描いた狩野派の障壁画(模写画)で装飾されています。」


 二の丸御殿には車寄の右側から入りますが、二の丸御殿の内部は撮影禁止でした。

blogDSCN8956.jpg


 で、二の丸御殿に入り4・50分かけて、狩野派による障壁画や欄間の彫刻、大政奉還を協議,発表した部屋等の説明を受けながら見学いたしました。


 二条城内部を見学した後、ガイドツアー特別見学として「御清処」・「台所」を外から見学。


 最後に「二の丸庭園」に回り見学しました。

庭園側から見た二の丸御殿です。
blogDSCN8965.jpg

blogDSCN8971.jpg


二の丸庭園です。 
 3代将軍家光の上洛以降、14代将軍家茂が上洛する迄の、229年間将軍不在のまま幕末を迎え、庭園は荒れ、15代将軍慶喜の上洛時には樹木はほとんどなく、池は枯渇して枯山水風の庭園景観の様で荒廃していました。 大政奉還後二条城は転々と所管が変わり、宮内省に所管されてからは5回以上改修が行なわれ、特に離宮時代に行われた植栽工事は、幕末の庭園景が変貌する程の大規模な改修工事で、今日に至る基本的な景観が完成したと考えられているそうです。

blogDSCN8964.jpg

blogDSCN8966.jpg

blogDSCN8968.jpg



 残念ながら本丸御殿は修理中で見る事は出来ませんでした。
 また見るチャンスが来るかなァ~~~???!!!


 で、名残惜しく最後の記念撮影をして二条城を離れ、

blogDSCN8975.jpg



 雨も小降りから止みましたので嵯峨野のトロッコ列車にも乗って来ました。

 嵯峨野のトロッコ列車は、保津川沿いをゆっくり走るトロッコ列車で、JR山陰線の複線化によって使われなくなった線路の観光利用を目的として、平成2年(1990年)社長以下9名のスタッフがで発足(嵯峨野観光鉄道株式会社)した鉄道です。

 私は、始発駅のトロッコ嵯峨駅から乗り、終点のトロッコ亀岡駅で引き返す往復乗車。 保津川の渓谷を楽しむ事が出来ました。 ちょっと寒かったけどね!

blogDSCN8976.jpg

blogDSCN8978.jpg

blogDSCN8985.jpg


 下写真はトロッコ保津峡駅、昭和初期から使われていたJR保津峡駅の旧駅舎を利用しているそうです。 この存在感から第2回近畿の駅百選にも選ばれたそうです。
(ここで降りて散策すれば良かったと反省中!)

blogDSCN8988.jpg

トロッコ亀岡駅近くの保津川と亀岡市街
blogDSCN8991.jpg


 今回の東海道五十三次は、京都観光の様相を呈してしまいましたが、楽しく、寒い冷たい雨もいい思い出になりました。 

 

nice!(8)  コメント(0) 

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。