So-net無料ブログ作成

クラッチ カバーとフライホイールのバランス修正 [ EーType パワートレイン]

 エンジン本体が完成に近くなったので、クラッチ カバーとフライホイールのバランス修正に出しました。

 クラッチ関係では、クラッチのレリーズベアリングは既に新品に交換しており、クラッチ ディスク, カバーも共に新品に交換します。 従って、今回フライホイールとセットでバランス修正に出しました。

 修正を依頼したのは、神奈川県相模原市にある堀口エンジニアリング(株)です。
自動車部品の修正加工の会社は割合小さいのですが、ここは大きな会社で本業は大型特殊車両の会社と言っていいかと思います。

 この会社がフライホイール 1個のバランス修正を親切に引き受けてくれました。
工場の入り口には、私の様に加工を依頼したと思われる小型のクランク等もおかれておりました。

堀口エンジニアリング(株)のホームページは下記
http://www.horiguchi-engi.co.jp/h02.htm

 エンジン分解時のクラッチ

blogP1010570.JPG

 バランスを取った新品のクラッチ カバーと継続使用のフライホイール
 フライホイール側面(写真下側)の6個のドリルマークがバランスを取った跡。

P3191003.JPG

バランスを取ったデーターです。 160mmの半径で、0.5gr 迄バランス修正してあります。

Blog クラッチ&フライホイールのバランス_edited-1.jpg

nice!(10)  コメント(7) 
共通テーマ:自動車

nice! 10

コメント 7

ガンバルおやじ

作業進んでいるようですね。
暖かくなってきたので、屋外の作業も楽になりますよね。

by ガンバルおやじ (2008-03-20 05:29) 

BPノスタルジックカーショー

おはようございます。

良いですね・・・・
そんな機械加工やさんがちかうにあることは!!
羨ましいことです!!
by BPノスタルジックカーショー (2008-03-20 06:52) 

ベアトラック

すごいですね!
私は、クルマに関しては全くの門外漢ですが(苦笑)、熱中できるものがあるって、本当に素晴らしいですね。
それにしても、ご近所に専門業者さんがあって良かったですね。
by ベアトラック (2008-03-20 07:23) 

OILMAN

こんにちは。
私のクルマと比べてパワーがある為でしょうか、クラッチが大きいですね。
バランス取りされたフライホイールはいい回転を生みだしそうですね。
by OILMAN (2008-03-20 21:06) 

ccq

これもバランス狂っちゃうもんなんですか
by ccq (2008-03-21 23:40) 

kotobuki1946

ガンバルおやじさん
暖かくなって、しかも日が伸びたので、作業がし易いです。

BPノスタルジックカーショーさん
堀口さんはヘッドのバルブ関係も頼む予定でしたが、バルブを組んでの
シム調整はしないとの事で、埼玉に出しました。 プロペラのバランス等も
頼む予定です。

ベアトラックさん
熱中どころか気違いですね。 ベアトラックさんの行かれているニューメキシコや
ネバタ・アリゾナは湿度が低いので、旧車や旧車用の部品の保管庫が
多く存在し、隠れた重要地点です。 (車や部品を受注する会社の事務所は
ニュ-ヨーク近辺やロス近辺ですので表面には出てきていませんが。)

OILMANさん
今はみんなダイアフラム式になっていますが、このクラッチはコイルスプリング式ですので、大きくなっています。

ccqさん
ふつうは狂いませんし、日本車の部品はクラッチ単体でもバランスを取ってありますので今回のような事はしません。 今回は新たにイギリス製のクラッチを使用するので、バランスをとりなおしました。 


by kotobuki1946 (2008-03-22 07:01) 

くっさん。

新型のドカは、L型エンジンでも振動がすごく少なくスムーズです。
各部のバランスや精度が上がったことも影響してると思います。
kotobuki1946さん仕様のエンジンが始動するのが、待ち遠しいです(^^)
by くっさん。 (2008-03-25 14:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。